〔手技としての平衡・可動・強弱〕

 均整法の基本、「平衡性・可動性・強弱性」には、二つの要素があるとお伝えしました。


 位置やその場所を刺激する目的については前項でお伝えしましたが、ここでは『手技』としてのカタチをお伝えします。


 この手技は、「姿勢保健均整法」の根幹をなすものなので、しっかりと使いこなせるようになっていただきたいと思います。


 『平衡性』の“位置”は、背骨の棘突起、から「親指の幅」の位置です。

手技、刺激としての『平衡性』の入れ方は、以下です。




 =========================================================================

〔手技・刺激としての「平衡性」〕



①刺激箇所が自分の正中の位置にくるように、手勝手のいい位置をキープし、指を圧定し

 他方の手をその上から抑えます。

②膝を軽くゆるめたまま、その上に体重をのせていきます。

③受者の呼吸に合わせながら、体重をかけていき、いちどふっと肘を使ってわずかに体重を抜

 き、すぐにまた体重をかけていきます。


④呼吸は抑制の目的では『吸気』の頂点で刺激をふっと抜き、活性化の目的のためには

 『呼気』の頂点を狙い、刺激をふっと抜きます。

   (すこし練習がいります)

⑤一回の刺激のあいだに、3呼吸ほどの間をおき、3回ほどくりかえします。


 *必ず、刺激の効果を確認して、施術を終えます。

  その確認と、工夫が、自分の技術の向上につながります。